パソコンの性能が落ち着いてきたからこそ、今が買い時

近年パソコンのCPUやグラフィックボードのパーツ性能の進歩がゆるやかになってきました。
メーカーはパソコンよりもタブレットやスマートフォンの性能向上に注力しているようにも見受けられます。
昨年発売されたintelのCPU skylakeも、以前のCPUと比較して格段な性能アップを遂げた、という状況でもありません。
こういった状況ですと、パソコンの買い替え需要などもなくなってきます、パソコンでラインナップされるゲームも現状のCPUなどで十分な状況です。
以前ですと、ちょっと前に購入したCPUがもう使えなくなってしまった、といった現象が起こっておりますが、今現在ですと、以前のCPUでもまだまだ現役でも戦える状況です。
ここで、しっかりとしたパソコンを購入しておけば、後々まで使えると思えます。
今でしたらOSもwindows10が出たばかりですし、今現在パソコンを購入するとなれば、必然的に搭載されている、もしくはバンドルされているOSもwindows10が多いです。
業務用で使用するわけでなく、趣味で使用するパソコンでしたら、windows10に慣れることも兼ねて、新しいパソコンを購入する時期なのではないか?と思えます。
ただ、つい半年前、1年前程度に高性能なcoreーi5やi7などを購入している人だったら無理に購入することも無いと思われます。
一部の部品変更で乗り越えられそうでもあります。
しかし、数年前にマシンパワーをしぶってしまった人はちょっと不安が残る、もしくはついていけない状況だと思われますので、ここで心機一転、ハイエンドパソコンを購入しておけば、長く戦えるのではないかと予想いたします。特に2016年はVR時代になること確実ですから、Oculus Rift推奨PCくらいハイスペックなデスクトップやゲーミングノートPCを選んでおけば満足できます。
4K等もこれから普及する傾向にありますが、今ハイエンドパソコンがあれば動きますので、一度ハイエンドパソコンを購入してじっくり腰をすえて、最新の環境を楽しみつつ、これからの経過を楽しめる状況になるのではないかと予想します。